kazemachiroman’s diary

kazemachiromanのお薦め

ラ・ラ・ランド 75点

ラ・ラ・ランド(字幕版)

「見どころあり、でも"音楽映画"としては物足りない」

 

賛否両論のあった「セッション」デイミアン・チャゼル監督。アカデミー賞監督賞デイミアン・チャゼル)・主演女優賞エマ・ストーン)受賞作品。

 

冒頭5分間の”Another Day of Sun"が流れるミュージカル・シーンは圧倒される。が、ミッシェル・ルグランによる名曲揃いの「ロシュフォールの恋人たち」などと比べるとミュージカル映画としてはそこまででは?というところ。

主人公らの独善的なところやそこからあまり成長が見られないところが気になるし、音楽(ジャズ)好きとしてはひとこと言いたいところもたくさんあるんだろうけれど、デイミアン・チャゼルらしい「2人の関係性」を軸にストーリーを展開するところは、洗練されていて見せる。

ラストシーンの諦観のこもった、それでも前向きな笑みは、現代っぽくてよい。

 

お薦めです。