kazemachiroman’s diary

kazemachiromanのお薦め

レディ・バード 95点

【映画パンフレット】レディ バード 

「青春時代がいっぱい詰まったジュブナイルの傑作」

 

www.youtube.com

 

舞台はカリフォルニア州サクラメント。ドラマ「メンタリスト」CBS本部所在地だが、LAやサンフランシスコなどとは異なる農業都市らしい。

 

そんな「田舎臭い」街に象徴された、青春時代特有の閉塞感と「何者かになる」アンビションを抱えたハイティーンの主人公を、ハマり役としかいいようのないシアーシャ・ローナンが好演している。

 

医療従事者で厳格な母を中心に、UCアーバインMBAをとりながらも失業してしまう父、子供を諦めていた両親が養子にとった(メキシコ系の?)兄と居候のそのガールフレンド、という現代的ながらもこの手のドラマ(最近では「シング・ストリート 未来へのうた」 「スイート17モンスター」など)に典型的な家族構成や家庭環境という設定。

 

物語はほぼ想定通りに順当に進むんだけれど、コミカルで胸が痛くて「あーあるある」という、この手のジャンルのすべてが完璧に網羅されており、非常に完成度が高い。

 

レディ・バードが一枚絵のような家々を歩きながらカットを切り替えるシーンを多用するなど、サクラメント(とニューヨークの)家や風景を手際よく紹介していく撮影・編集も素晴らしく、映画の語り口によくマッチしていてよい。

 

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のルーカス・ヘッジスや「君の名前で僕を呼んで」ティモシー・シャラメもイケメンの芸達者振りを存分に発揮しており、素晴らしい。

 

コミカルで胸が痛く、最後には爽快な気分になる素晴らしい作品でした。

お薦めです。

 

 

kazemachiroman.hatenablog.com

kazemachiroman.hatenablog.com

 

シング・ストリート 未来へのうた(字幕版)

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)

ファントム・スレッド 75点

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 ファントム・スレッド 光沢プリント

「エキセントリックな人々の歪んだ愛情=支配の物語」

 

youtu.be

 

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ブギーナイツ」ポール・トーマス・アンダーソン監督とアカデミー主演男優賞3回受賞のダニエル・デイ=ルイスが組んだ異色作。

 

神経質でアーティスティックなデザイナーとアンビシャスなウエイトレスの奇妙な恋愛の物語。

 

美しい映像や造作と俳優陣の演技が素晴らしいけれど、主人公が見出すヒロインの「美」にどうしても感情移入できず、よく構成された物語展開にも物足りなさが残ってしまった。

 

それでも、ダニエル・デイ=ルイスのキャラクターがとてもかわいらしいので、お薦めです

 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (字幕版)

 

ブギーナイツ (字幕版)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 85点

【映画パンフレット】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法


「カラフルな映像と子供の愛らしさが満開の、押しつけがましさのない社会派映画」

 

youtu.be

 

貧困層の「プロジェクト(公営住宅)」化している、フロリダのカラフルなモーテルを舞台にした物語。

 

前科などの事情があって公的支援が受けられない貧困層が週借りで家賃を支払い、たいていは小さい子供を抱えながら、文字通りの「その日暮らし」を余儀なくされている。

 

そんな悲惨な状況にあっても、子供たちはあくまで活発でその表情は活き活きとしており、希望を感じさせる。

 

もちろん「社会派」的な物語なんだけれど、子役達の演技が素晴らしく、悲惨な状況とのコントラストが、カラフルな映像と相俟って自然と浮かび上がるように構成されており、押しつけがましさを感じない。

 

解像度の低いiPhoneの映像に切り替わるところから、「真夏の魔法」はとけてしまうのか、はたまたそれは「魔法の国」の始まりなのか……

 

重いテーマが苦手な人にでも、お薦めです

 

 

ショーン・ベイカー監督の前作、全編iPhone撮影のインデペンデント映画「タンジェリン」。今回も「iPhone撮影」がキーになっている。

タンジェリン(字幕版)

 

ランペイジ 巨獣大乱闘 90点

【映画パンフレット】ランペイジ 巨獣大乱闘 監督 ブラッド・ペイトン

「大破壊でスカッと大満足の正統派怪獣映画」

 

www.youtube.com

 

秘密の化学実験の失敗により、普通の動物が怪物化して暴れ回るというシンプルな作品。

 

破壊の限りを尽くす3頭の巨獣がスカッと気持ちがよいし、迫力がある。悪役(「ウォッチメン」のシルクスペクター2を演じたマリン・アッカーマン*1)や軍のわかりやすい馬鹿さもこういう作品には不可欠であり、コメディリリーフ的によい効果を与えている。

 

巨獣に立ち向かうロック様もとてもよく、最後はお決まりの展開だが、思わず感動してしまう。各方面絶賛の理由がよくわかる作品だった。お薦めです。

ランペイジ 2018 メガサイズ アクションフィギュア ジョージ / RAMPAGE THE MOVIE 2018 MEGA SIZE GEORGE 最新 映画 ドウェイン・ジョンソン ゲーム ゴリラ [並行輸入品]

ランペイジ ビッグ・シティ・ブロウル デラックス フィギュア パック リジー / RAMPAGE THE MOVIE 2018 BIG CITY BRAWL SUBJECT LIZZIE 最新 映画 ゲーム ドウェイン・ジョンソン [並行輸入品]

ウォッチメン (字幕版)

*1:ちなみに、捜査官ラッセル役はコメディアンを演じたジェフリー・ディーン・モーガン

モリーズ・ゲーム 75点

【映画パンフレット】モリーズ・ゲーム

「元オリンピックの高額ポーカー経営者の、家族の物語」

 

www.youtube.com

 

デッドプール」的でアーロン・ソーキンらしい小気味よいモノローグが物語をテンポよく進めているが、内容自体はごくありふれたサクセスストーリーと挫折を繰り返すような展開で、終盤やや鈍重になる。

 

ジェシカ・チャスティンは化粧によって顔が変わることも含めた好演だけれど、「女神の見えざる手」と同じようなキャラで、最近ややワンパターン化しつつあると感じた。

 

140分という長さは少し冗長かなと思うけれど、映画の日など1,100円で観られる日に、お薦めです

 

kazemachiroman.hatenablog.com

 

ゼロ・ダーク・サーティ (字幕版)

羊の木 85点

【映画パンフレット】羊の木

「『多様性に対する包摂』という問題を緊張感のある設定と展開が秀逸な名作」

 

www.youtube.com

 

「桐島、部活やめるってよ」 「美しい星」の吉田大八監督が、山上たつひこ原作・いがらしみきお作画の漫画原作の映画化作品。

 

松田龍平北村一輝、優香はもちろん、主演の錦戸亮のジャニーズ的オーラを完全に抑えた演技が白眉。ストーリーは劇伴の効果もありずっと不審で緊張関係の続く展開だけれど、ラストは丸く収まったように見えてしまい、少し物足りなかった。もう一捻りあれば……

 

しかしながら、吉田大八監督らしい完成度で、我々に突きつけられるような不気味な演出が素晴らしい。お薦めです。

 

桐島、部活やめるってよ

美しい星 通常版 [DVD]

羊の木 コミック 全5巻完結セット (イブニングKC)